襟足脱毛の自己処理はどうしたらいい?

脱毛の効果, 部位毎の特長, コラム

 ミュゼプラチナムで襟足脱毛を受ける場合には自己処理が必須となっており、患部の日焼け予防として保湿ケアも並行して行います。また施術を受けることで後ろ姿が綺麗になりますが、妊娠中や生理になった時には肌トラブル防止のために予約をキャンセルする必要があります。

ミュゼプラチナムで襟足脱毛をする前の準備とは

1,施術日前日もしくは当日に自己処理を行う

2,自己処理をする時には保湿ケアも行う

3,襟足脱毛を利用することのメリットとは

4,妊娠中や生理中などの場合には施術が受けられない

1,施術日前日もしくは当日に自己処理を行う

 普段目にすることがない襟足という場所の脱毛が出来ると口コミで話題のミュゼプラチナムでは、女性向けに施術を提供しています。コース契約をして施術を受ける場合において、必ず自己処理をしてから来店することが必須です。しかし、襟足は人の手が届きにくい部分となっているので、自己処理する時は簡単で大丈夫です。私もスタッフに質問したところ、腕や足などに比べて軽く行うだけで問題ないと言われました。また処理する場合において、カミソリではなく電気シェーバーを使用した方が良いです。カミソリだと肌を傷つけてしまう可能性が高いため、私はスタッフが推奨していた電気シェーバーを使いました。またミュゼプラチナムではシェービングのサービスは実施していないので、必ず自宅で処理をしてから来店する必要があります。

2,自己処理をする時には保湿ケアも行う

 ミュゼプラチナムの襟足脱毛コースは何回でも利用出来ることが特徴ですが、自己処理を行うことでスムーズに施術を進めることが可能です。その際に保湿ケアも並行して行うことが、トラブル防止における重要な秘訣となっています。電気シェーバーで処理をした場合に、患部が乾燥しやすくなってしまいます。それによって外部の刺激を受けやすくなってしまい、紫外線の影響によって日焼けやシミが出来ることがあります。なので私は電気シェーバーで処理した後に、化粧品を使って保湿ケアを徹底していました。また患部が日焼けしてしまうと、ミュゼプラチナムで脱毛を受けることが出来なくなってしまいます。特に夏は紫外線の量が多くなる季節なので、外出時にUVケアを忘れずにします。このように保湿ケアやUVケアを徹底することで、患部の日焼けやシミなどを予防することが出来ます。

3,襟足脱毛を利用することのメリットとは

 ミュゼプラチナムで襟足脱毛を利用するにおけるメリットについて、綺麗に処理することが出来るのが特徴です。私も経験したことがありますが、絵師足は腕や足とは異なり自己処理が出来ない場所となっています。自分で行うと傷をつけてしまうことがあるので、エステサロンを利用して綺麗にした方が確実です。またミュゼプラチナムでは、ただ脱毛するだけでなくアフターケアも行ってくれます。ミュゼプラチナムの場合には、アフターケアとして患部を冷却して乾燥を予防することが出来ます。さらにプラセンタエキスが配合されている、専用ローションを患部に塗っていきます。2つのアフターケアを行っているのが特徴で、施術後に自己ケアする必要がなくなります。ただ自宅に戻った時には、入浴後に化粧品を患部に塗るなどの保湿ケアが必要になるので放置しないように注意が必要です。

4,妊娠中や生理中などの場合には施術が受けられない

 口コミで女性専用エステサロンとして、日本全国にミュゼプラチナムというお店が営業しています。女性であれば誰でも利用出来ることが特徴ですが、その一方で妊娠中や生理中の場合には施術を受けることは出来ないです。このような状態の時には、体のホルモンバランスが乱れてしまいます。その状態で脱を受けてしまうと、患部が炎症を起こすなどの肌トラブルが発生することがあります。施術効果も半減してしまうため、妊娠中や生理になった時にはキャンセルする必要があります。私も予約日に生理になってしまったことがあったので、その時はやむを得ずキャンセルしました。ミュゼプラチナムは予約日の24時間前までに連絡を入れれば、キャンセル料が一切発生しないのが特徴です。これらの事情で急にキャンセルしなければいけない時にも、安心して次の予約を申し込むことが出来ます。